印刷データ入稿ガイド

お客様に安心且つ、スムーズにデータのご入稿をして頂くためにデータ入稿前のご注意点・ご確認点とお役立ち情報を項目別にご紹介しています。版下データを入稿する前に参考にしてください。

版下作成について

版下データの作成は各商品詳細ページにある「データ入稿雛型」をダウンロードして作成ください。版下データを作成いただけましたら下記項目のご確認をお願い致します。

データ入稿雛型

ファイルの保存について

【Illustratorバージョン】
当店で対応しておりますIllustratorバージョンは、『Illustrator5.5 ~IllustratorCC』となっております。データを保存の際には、作成の際のIllustratorそのままのバージョンで保存を行っていただきますようお願い申し上げます。 (例:IllustratorCSで作成 →IllustratorCS形式で保存)

【カラーモード】
llustratorデータ、配置画像とも、CMYKで作成ください。データはブラック単色(K100)で作成してください。印刷カラーは買い物カゴの中で選択できます。

【画像保存形式】
画像を配置する場合はEPS、TIFF、JPG、GIF形式のいずれかで保存をお願い致します。その際、解像度は300dpi~600dpi程度で作成ください。

【データ保存の際のご注意】

データ内の不用なオブジェクト(孤立点や必要のないもの等)が残らないようにお願い致します。
作成の際にレイヤーやオブジェクトをロックした場合、ロック解除を行ってから保存下さい。

ファイル名に関するご注意
下記の文字はファイル名に使用しないようお願い申し上げます。
「'」シングルクォート 「"」ダブルクォート 「:」コロン 「;」セミコロン 「/」スラッシュ 「|」パイプ 「,」カンマ 「*」アスタリスク 「?」クエスチョンマーク 「&」アンパサンド

入稿データについて

配置画像がある場合や、複数データがございます場合は、フォルダに収納し、フォルダを圧縮した状態でご準備ください。

入稿データ圧縮

【圧縮形式】
圧縮データ形式は、.zip .lzh .sit のみ対応しております。zip .lzh .sit以外の圧縮形式には対応しておりませんので予めご了承下さい。

【印刷データのプレビュー】
お客様と当店との環境化の違いにより、稀に表示されるデータ内容が異なる場合がございます。データご入稿の際、可能であれば「印刷データのプレビュー画像」もご一緒にご入稿いただけますと幸いです。

ドットデータとベクトルデータ

配置画像がある場合や、複数データがございます場合は、フォルダに収納し、フォルダを圧縮した状態でご準備ください。

【ドットデータ】

ドットデータ
[500倍に拡大したドットデータ]

GIFやJPEG等の画像データはドットという点のデータで処理されています。(ドットデータ・ピクセルデータ)大きな画像には、よりたくさんのドットが必要になるので、データは重いものになります。 逆に小さなデータはドットの数が少ないため、それを拡大すると、小さいドットの一つ一つがそのまま拡大されてギザギザ(ジャギー)がでてしまいます。そのため画像の解像度が低い場合、印刷すると粗い状態になってしまいます。

【ベクトルデータ】

ベクトルデータ
[500倍に拡大したベクトルデータ]

パスと呼ばれる線や点で描かれた図形で、 ベクトルデータとも呼ばれます。拡大・縮小や回転などの加工をしても画像の劣化がほとんどなく、ピクセル単位の画像表現を行わないので、なめらかな画像表現で印刷にも適しています 。またドットデータに比べて容量が軽いのも特長です。

アウトラインについて

文字のアウトライン化につきましては、お客様と弊社の書体(フォント)環境が異なる場合、データを移動した際に、存在していないフォントは別のフォントに置き換えられてします。
入力した文字を、使用した書体(フォント)のない環境にその書類を持っていっても、同じ書体が出るように文字そのものを図形化することを指します。
アウトライン作成をせずにご入稿されたデータでは、お客様の使われた書体が弊社にない場合、違う書体に変換され、文字間も変わり、お客様のイメージと違うものになってしまいます。 このような事態を避けるため、お客様にはアウトライン化して頂いたデータでのご入稿をお願いしております。また、一度アウトラインをかけた書類は、図形化され文字としての編集はできなくなりますので、ご注意下さいませ。

アウトラインを作成

アウトライン前

【アウトラインが作成されていない状態】

アウトライン後

【アウトラインが作成された状態】

【ワンポイントアドバイス】
アウトライン化すると版下データの文字がアウトライン化する前に比べて太ったように見えることがあります。この場合、版下データの文字(フォント)を予め少し細い文字(フォント)で作成した後にアウトライン化するとイメージに近いものが作成出来ます。

最近見た商品

Copyright 1998-2018 Hankoya.com, Inc.